ヒューマノイドロボット NAO

概要

世界中の300以上の大学と研究機関が、ロボット工学や人工知能に関する研究及び、
コンピュータサイエンスやもの作り、数学の授業でNAOを使用しています。

ヒューマノイドロボット NAO画像01

ALDEBARAN Robotics社が開発・生産しているNAOは、研究や教育活動において最も広く使用されている人型ロボットです。 自立的でありながらプログラム可能なNAOは初心者から上級者まで広範囲のユーザーの使用に適しています。 ALDEBARAN Robotics社が開発したソフトウェア「CHAOREGRAPHE」によってユーザーはロボットの動作と対話シナリオを簡単に作成して編集することができます。

ヒューマノイドロボット NAO画像02

ALDEBARAN Robotics社はNAOという先進的なハードウェアとソフトウェアを持ったプラットホームを開発したのみでなく、 ユーザー同士のコミュニティも生み出しました。開発者、研究者、そして教育者の方々は知識の共有や未来のヒューマノイドロボット開発のために NAOのユーザーコミュニティに参加することができます。

ヒューマノイドロボット NAO機能一覧

NAOはロボット工学や、ロボットが人を支援するためのフィールドでの研究、教育活動、及びヒューマン・ロボット・インタラクションの研究に適したプラットホームです。 NAOのオープンかつ自由にプログラムできるアーキテクチャにより、新たなアプリケーションを発見できます。

動画

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

NAOとは?

ヒューマノイドロボット NAO画像02

NAOは最新技術が集められたプラットフォームの為、研究者は簡単に動かすことができ、研究テーマの中核部分に集中することができます。 さらにNAOは豊富なドキュメントを幅広いレベルのユーザーに対応できる複数の研究プラットフォームを提供しています。 NAOの優れた設計により、容易な開発で有用な動作を得ることができます。

実例

ロボット倫理

米コネチカット大学のSusan Anderson教授とMicheal Anderson教授はロボットにおける倫理と、 人とのインタラクションの際に自律的に意思決定を行う行動原則の研究の為にNAOを使用しています。

子供との対話

子供との対話

米ノートルダム大学のJoushua Dishi教授はコミュニケーションに障害を持つ子供との対話に、 身振りや顔の表情といった様々なコミュニケーション動作を研究するためにNAOをしようしています。

ロボカップ

ロボカップ

1997年にIBMのDeep Blueはチェスで人間の世界王者を倒しました。人工知能とロボット工学の次の大きなステップとして、 ロボット工学の次の大きなステップとして、ロボカップは50年以内にロボットと人間のワールドカップ王者との試合を開催します。 NAOはロボカップにおける標準プラットフォームリーグの公式プラットフォームです。

ヒューマン・マシンインタラクション

ヒューマン・マシンインタラクション

欧州のALIZ-Eプロジェクトでは、病院におけるロボットと子供たちとの長期的なインタラクションを観察するために科学者、 医師、心理学者等によってNAOが使用されています。

教育と研究に理想的なパートナー

ヒューマノイドロボット NAO画像
ヒューマノイドロボット NAO画像

NAOはあらゆるレベルの学生が使用することを想定して作られており、NAOをカリキュラムに用いれば、生き生きとした実験やプログラミングの授業を可能にします。

NAOはロボット工学やコンピュータサイエンスから、ヒューマン・ロボット・インタラクションまで様々なテーマの研究用に開発された、信頼のあるプラットフォームです。 NAOは完全に統合された最新のハードウェアとソフトウェアを、オープンなプラットフォームと併せて提供しており、効率よく開発が行え、 研究者の方々は研究テーマの中核部分に集中することができます。

ヒューマノイドロボット NAO画像

本体仕様

MOVE

  • 25自由度
  • コアレスモーター
  • ソフトウェア制御

THINK

  • CPU:Geode 500MHz
  • 256MB SDRAM
  • 2GB フラッシュメモリ
  • 各種ソフトウェア+SDK

SENSE

  • カメラ×2
  • マイク×4
  • FSR圧力センサー(各足裏に4×2)
  • バンパー×2
  • ソナー×2

INTERACT

  • スピーカー×2
  • 複数のLED
  • 触覚センサー(頭部&両手)
  • 物をつかめる手
  • 赤外線センサー
  • Wi-Fi(IEE802.11b/g)
ヒューマノイドロボット NAO本体仕様画像
nao_data03